クソ大学生にも花束を

負け続けている男の話をしよう

友情のコンドーム

 

どうも、NGTです。

やってしまいました。僕は友を裏切ったのです。

 

 

〜7年前、NGT中学校2年生〜

 

友人A「お前今日誕生日やろ。これやるわw」

僕「こ、これは……‼︎‼︎‼︎」

 

 

僕は14歳の誕生日にコンドームを貰います。

 

 

f:id:nagatanoblog:20180608180743j:image

 

 

 

 

さて、皆さんにとって『コンドーム』とはどのようなアイテムでしょうか?

 

 

『避妊具』圧倒的多数の人間がそう答えるでしょう。

 

 

しかし、14歳当時の僕にとってコンドームとは単なる『避妊具』で終わる代物では無かったのです。ある種特殊な付加価値が加わったアイテム。

 

 

もちろんコンドームなんてコンビニやドンキで手軽に買えます。男子校である僕の母校にもコンドームを持ってきて注目を集める人間が多数いました。コンドームに水を入れ、水風船代わりに窓から中庭にぶん投げるだけで昼休み中笑い転げられる幸せな年頃です。

 

 

しかし彼らはコンドームの”本当の使い方”を一切知らなかったのです。ここでいう”本当の使い方”とはもちろん『避妊具』としての使用ではありません。

 

 

コンドームを持ってきて注目を集める人間と同様、僕もよくエロ本等のアダルトグッズを学校に持って行きました。それだけで僕の席の周りには大勢のヨダレを垂らしたクッセェ男子が群がり、文字通りクラスの中心と化すのです。しかし、僕は友人Aからもらったコンドームだけは財布に忍ばせておきました。

 

 

 

 

皆さんにこの意味がわかるでしょうか。

 

 

 

 

『コンドームを財布に携帯している』ことは『セックスを日常とする人間』であるための十分条件なのです。

 

 

 

 

まだピンときませんか?

 

 

 

 

当時の僕らはリア充とは対となる存在。リア充が太陽なら僕らは影。リア充が”舞踏会で踊り狂う貴族”なら僕らは”かわいそうなシンデレラ”。

 

 

しかし僕が財布にコンドームを密かに忍ばせているのを発見した友人は、僕をどう認知するでしょうか。

 

 

こいつ、いつもTENGAとか持ってきた時は見せびらかしてるのにコンドームだけは財布に隠してやがる……さては…セックスしているのか……‼︎

 

 

こう思うはずです。

 

 

友人達にこう思わせた時点で僕の完全勝利なのです。男とは世間体で生きる生き物。実際にリア充なのかは問題ではなく相手にそう思わせたその瞬間、男子校内最大のライアーゲームに凱歌を奏することができるのです。

 

 

すなわち、当時の僕にとって『コンドーム』とは、男子校内にて僕の地位を”かわいそうなシンデレラ”から”舞踏会で踊り狂う貴族”へと昇華させる『かぼちゃの馬車』だったのです。

 

 

 

友人Aからもらったコンドームを財布に忍ばせ続けなんと7年。財布が変わろうとこのコンドームだけは肌身離さず持っていました。このコンドームは友人Aとの友情を思い出させてくれる大切な宝物。

 

 

 

時にはコンビニのレジで1000円札を取り出す際にコンドームが飛び出し店員に苦笑いされました。しかしそんな中でも僕は友人Aとの友情を確かに再確認していたのです。

 

 

 

 

 

ここで、事件が起きます……

 

 

 

 

先日、6人くらいで居酒屋で飲んだ帰り際に、その中の1人が「わりっ。この後彼女の家行くんだけど誰かコンドーム持ってない?w」と言ってきました。キショいですね。

 

 

しかし、千載一遇のチャンス。7年間言いたかったセリフ。本当にこんなチ●ポ野郎にコンドームをあげてしまって良いのかという葛藤を他所に、このセリフを言いたい欲が溜まりに溜まり堰を切ったように僕は言い放ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺、もってるけど?」

 

 

 

 

 

 

 

全身全霊のドヤ顔。

 

 

 

 

 

たぶんこんな顔だったと思います。↓

f:id:nagatanoblog:20180627100720j:image

 

 

財布の中からコンドームを人差し指と中指でスタイリッシュ挟み、渡します。

 

 

「サンキュw 助かるわw」

 

 

 

ところが、、、

 

 

念願の行為を果たした僕に待っていたものは満足感ではなく、虚無感。7年間肌身離さず持っていたAとの友情の証を場の勢いであげてしまった圧倒的虚無感。

 

 

それも、コンドームを渡すだけでイキってる自分に対する羞恥とコンドームをくれた友人Aに対する罪悪感を含有する虚無感。

 

 

7年間で僕は気付くべきだったのです。『かぼちゃの馬車』は非リア充しかいない男子校内においてだけ、僕の地位をリア充にまで飛躍させたように見せる代物だという事に。

 

 

僕とAとの友情の証は、あのイキりチ●ポ野郎とその彼女の交じり合った所産として2人の体液にまみれゴミ箱に捨てられたのです_______

 

 

 

 

あれから、目が回るほど美味しかったはずの二郎系ラーメンを食べても僕の心を完全に満たすことはなく、何か大切な人を失ったそんな気分で過ごす毎日。

 

 

只々自分が情けなく、Aに申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

あ、そうだ。LINEで謝ろう。

 

 

 

f:id:nagatanoblog:20180704181111j:image

 

 

 

 

 

f:id:nagatanoblog:20180704181059j:image

 

 

 

 

友情とはクソである。

 

〜完〜

 

 

 

 

 

吉田寮ヒッチレース

 

 

空港を出ると風が熱い水飴のようにねっとりと肌にねばりつく。夏の海が銀紙を貼り付けたように鈍く、そのくせ眼底までくらませるような強い光を跳ね返してくる。

 

 

 

ここは、沖縄____________

 

 

 

f:id:nagatanoblog:20180526110457j:image

 

 

 

 

はじめまして、NGTです。今沖縄に来ています。

 

 

 

「観光😃?」

「レジャー😃?」

 

 

甚だ愚問です。僕は“京都へ帰るため“に京都から沖縄に来ています。

 

 

京都大学吉田寮。言わずと知れた、変人界のアインシュタインが集まるアスペ寮。そんな吉田寮の年に一度の吉田寮祭はさらにアスペが加速します。

 

 

吉田寮祭のイベントの一つ“ヒッチレース“。参加者を日本各地に送り込み、ヒッチハイクで帰って来させるアスペ極めしイベントである。

 

 

僕はそのヒッチレースで沖縄に来たというわけです。

 

参考)ヒッチレース2018、ヒッチハイカー分布図↓

f:id:nagatanoblog:20180527093352j:image

 

 

ヒッチレースは離島から始まる場合、まず本州へと辿り着かなければなりません。僕は去年ヒッチレースに参加した時、兵庫の姫路港から家島とかいう辺境の離島への片道切符を渡され、本州へ戻るのに大変苦労しました。

 

 

↓家島

f:id:nagatanoblog:20180519153106j:image

 

 

今年もまずは海を越えて本州または九州へ戻らなければなりません。

 

 

僕の『京都生還プラン』は次の2通り。

 

  1. 沖縄で九州行きのフェリー代を稼ぎ、九州から京都までヒッチハイク
  2. 沖縄で関空行きの飛行機代を稼ぎ、関空から京都までヒッチハイク

 

また『沖縄での稼ぎ方プラン(理想)』は次の2通り。

 

  1. 沖縄名物ソーキそば屋で皿洗い
  2. 沖縄の害獣ハブ(1匹3000円)を捕まえ売りさばく人間マングース

 

 

ではまず『京都生還プラン』はプラン1、プラン2のどちらが安価で済むのでしょうか。『関西〜沖縄間』の飛行機代を調べると10000円弱。安価でびっくりしました。『沖縄〜鹿児島間』のフェリー代を調べてみると15000円……‥は?

 

 

フェリー代クッソ高いですね。全く割りに合ってない。ストリートファイターの大技””殺自爆陣””ばりに割りに合ってません。

 

 

参考)獄殺自爆陣↓

f:id:nagatanoblog:20180520234950j:image

 

 

現代の格安航空会社に感謝。安いって素晴らしいですね。これはもうプラン2で決定です。世は金&ピース。

 

 

 

ではさっさと金を稼ぎます。

 

 

まず僕が訪ねたのが『沖縄での稼ぎ方プラン』のプラン1であるソーキそば屋です。

 

 

僕が訪れたソーキそば屋の店主は肌がこんがりと焼けていて、村上春樹の言葉を借りると彼こそまさに””カフェ・オ・レの精””と形容するのが相応しい具合でした。背中にカッコいい羽でもつけてスプーンを肩に担がせると似合うでしょう。

 

 

バイト交渉こそ断られましたが、僕のクソ過ぎる境遇に店主が同情し、ソーキそばをなんとご馳走してくれました。本当に本当に感謝。『米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回る』とはこのことですね。

 

 

ご馳走になったソーキそば↓

f:id:nagatanoblog:20180526174241j:image

 

 

 

 

しかしここからが地獄でした。

 

 

人間、知り合いなんて誰もいない島を手ぶらで金も一切持たないで自分の住む場所へ帰れる保証も無いままバイト交渉を断られ続け、炎天下を延々と歩いているとになります。

 

 

そこでバイト探しは一旦やめて浜辺に一息つくことにしました。

 

 

僕しかいない浜辺で、この世のどんな絵の具を混ぜ合わせたって表現できないくらい美しい海を独り占めする。その中の自分の命の囁きに耳を傾ける。

 

 

f:id:nagatanoblog:20180526192105j:image

 

 

今思うとバカバカしいですが浜辺で「俺ここで死ぬんじゃね?」って本気で考えました。「まだ親父にもオカンにも親孝行してねえなぁ。はは。」なんて思いながら自分の人生を振り返ってみました。。。う〜んクソ!w

 

 

クソ過ぎて腹が立ち、浜辺に自分の小便でこんなことを書きました。

 

 

 

 

f:id:nagatanoblog:20180526174315j:image

 

 

 

世界一可哀想なSOSですね。思ったよりも小便が出るもんで最後の方は文字が太くなっています。第一、誰にSOSしてるんでしょうか。汚い画像で申し訳ないです。僕が神様ならこんな惨めな男には助っ人を送るでしょう。そう、この後僕は出会うのです。助っ人に。

 

 

 

中高一貫キリスト教の男子校に通っていた僕は精神の限界を迎え、通りがかった教会に足を運びました。

 

 

f:id:nagatanoblog:20180526174425j:image

 

 

涼しいお御堂に座り、祈ります。「無事京都に帰れますように。ついでに彼女ができますように。」

 

 

お御堂に入ってきた神父(?)参拝者(?)にダメ元で「何か手伝えることはないか。」「良かったらお金を恵んでくれないか。」自分の今の境遇を交えて交渉しました。

 

 

なんと快諾。仕事どころか無償でお金を渡してくれました。彼こそキリスト教の黄金律である隣人愛の実践者だ。イエスキリストの愛を持った彼に賛美。神の国はあなたの御心にあったのだ。イエスキリストの御名によって、アーメン。

 

 

こうして5000円を得ました。帰りの飛行機のチケット代はあと5000円程あればよいでしょう。ここで僕は考えます。「朝から散々歩き回った結果5000円しか稼げてないし、もうほとんど夜やし……」

 

 

ふと目に移る雀荘の看板。

 

 

f:id:nagatanoblog:20180526205046j:image

 

 

 

そう、麻雀という手があったのです。

 

 

思えばここ三ヶ月、大学二回生となり惰眠を貪り続けた僕が強いて力を入れてやってきたことといえば、それは麻雀である。

 

 

僕の日常は次の通り。

14時____

絶起。いや、もうこの時間に起きても絶望できない精神になってしまった。僕にとっての””朝””は『ヒルナンデス!』の放送終了時刻に始まるのだ。何がヒルナンデスやねん。

 

18時____

ラーメン。一日三食をとる優等生諸君にも是非すすめたい。人は一日一食の二郎系ラーメンで事足りるのだ。ラーメンを食ってクソをして空いた胃の空間にラーメンを流し込む。

 

20時____

麻雀開始。ここから寝るまでが麻雀である。

 

 

GW終了時点で既に4つの単位を失った僕であるが、現状のこのクソ過ぎる生活を考え直してないわけではありません。京都で麻雀をして、地元大阪で麻雀をして京都に帰ってきて麻雀。遂には友達(全員うんこ)(留年確定)と全自動麻雀卓(中古で約10万円)を看破で買ってしまいました。僕は雀士なのか?そこまで麻雀する意味なんてあるのか?

 

 

 

 

ただの暇つぶし?

 

 

 

 

 

 

 

 

否。

 

 

 

僕が麻雀をし続けた理由、それは今。明日までにこの南の島から京都へと帰還するラストチャンス。僕は雀荘への階段を駆け上がりました。

 

 

「フリーで。」店員にキザに言い放つがここはセット麻しかしてないようでした。三麻をしているおっさん三人の卓に僕を入れて四麻をするよう直談判し、仲間に入れてもらえました。しかしこのおっさん3人明らかに麻雀の猛者。

 

 

後頭部以外の髪がほとんど抜け落ちどこまでも貧相に見えるおっさん。目の下の隈が彼の今までの人生の不毛さを物語っているおっさん。「俺は今が人生の最盛期なんだ。」と言わんばかりに活気に溢れ、目の前の麻雀に興奮を隠しきれてない少年のようなおっさん。

 

 

 

死闘極めし10半荘。

 

 

その頂に立ったのは_______

 

 

 

 

 

f:id:nagatanoblog:20180527045417j:image

 

 

☆恐☆悦☆至☆極☆

 

 

どうも勝利しました。✌️

 

 

ヒッチレース三日前に究極の役満””九蓮宝燈””をあがっている僕の運はまだ尽きてなかったようです。

 

 

 

こうして帰りの飛行機代金をオーバーキルすることに成功した僕は、飛行機のチケットの購入を済ませ、今那覇空港での待ち時間にこのブログを書いています。

 

 

吉田寮をはじめ関係者の方々、本当にありがとうございました。

 

 

去年のヒッチレース終わりもクタクタだったんですが、今は座っているのに身体がうねる大波に揉まれているような感覚です。苦役を果たし、心身の疲労を極限に感じています。

 

 

もうヒッチレースはこりごりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もまた出よっと。

 

〜完〜